福岡県田川市での単身赴任から帰ってきた沖縄おじさんのブログ

バツイチ再婚家族もち。いろいろ経験したアラフォー沖縄おじさんの人生遍歴とたわいもない日常

アラフォーバツイチのおじさんがとある彼女と交際しご家族に挨拶に行くまで

【沖縄おじさんの人生遍歴ブログ Vol.80】

前回の続き

sanboo.hatenablog.jp産業まつり、バスケ観戦からのハシゴ酒という2回のサシ飲みで、時間を重ねるごとにお互いめちゃめちゃ気が合う事がわかり、おじさんは結婚を前提に交際したいと思うようになりました

そしてある日の仕事終わり、3回目のサシ飲みの時に意を決して結婚を前提とした交際を申し込みました

彼女の返事は…すんなりOKとはいきませんでした

 

一緒にいて楽しいとは思ってくれていましたが、やはり一人息子の事が気になり、交際するにはなかなか踏み出せないとの事でした

それは当然の反応だと思います。こちらとしても、一番優先するべきは息子の事だと考えていて、交際するには結婚が前提だし、息子に受け入れてもらえるかどうかが絶対条件だと思っていました

できれば息子とも会って、お互いうまくやっていけるか見て判断してほしいと伝えました

こちらの誠意が伝わったのか、何回か会った後、交際してみると返事をもらいました

 

交際してからしばらくたった後、彼女のご両親と息子に挨拶に伺いました

彼女のご両親は子供の頃からの幼馴染みで、二人で居酒屋をやっていて、酒好きで気さくで豪快な方で。おじさんの親とは真逆のタイプの人でした

ご両親はおじさんの事を快く受け入れて下さり、一緒に酒を飲み交わし親睦を深めていきました

息子とは、会社メンバーでのBBQなどで何回かは会っていたのと、そもそもあまり人見知りしないめちゃめちゃいい子なのですんなりと遊ぶ事ができました

それから何度も彼女の家に行っては、ご両親やごきょうだいと酒を飲み交わし、息子と遊ぶ日々が続きました

 

おじさんは物心がついた頃には既に親が離婚していて、両親が一緒にいる記憶はほとんどありませんでした

彼女の家でご両親やごきょうだいと一緒にご飯を食べ、酒を飲み交わし、たわいもない会話をする事で、初めて家庭の温かさというものを実感しました

息子も、純粋無垢に懐いてくれて、おじさんが叶える事のできなかった、平和で楽しい家庭を作るという夢を再び与えてくれました

彼女といる時間はいつも楽しくて、いくら話しても何をやっても飽きる事なく、常に新鮮でした

 

彼女も息子もご家族も大好きになり、おじさんの気持ちとしてはもうすぐにでも結婚したいと思ってましたが、お互いバツイチで家庭もちという事もあるので、最低でも1年間は交際をしてからにしようと考えていました

 

またまた続く

 

♪今日の一曲

Family Song / 星野源

Family Song

Family Song

  • provided courtesy of iTunes

 

今日の動画

【手作りおつまみシリーズ】助手(息子)と二人で作ったイカチヂミ

www.youtube.com

にほんブログ村 家族ブログ 単身赴任へ

にほんブログ村


アラフォー日記ランキング

“"